読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帯広でインデアンのカレーを食べた

鉄道 旅行
北海道で過ごす年末。昨日は「天気が良さそう」というだけの理由で道東方面へ行ってきました。快晴だけどやっぱり寒かった帯広市内を回った後、お昼過ぎに「カレーショップ インデアン」でハンバーグカレーをいただきました。

f:id:uedashin:20151229172736j:image

ここのカレーのルーは3種類あり、中でもインデアンルーは「牛肉をふんだんに使用し、数十種類のスパイスで熟成された」そうで、まろやかでコクがあり、辛さと甘さのバランスが絶妙。「うまい! うまい!」と心の中で連呼しつつ、一気に平らげてしまいました。ハンバーグカレーは税込604円、オーソドックスなインデアンカレーは税込421円と、リーズナブルな価格設定も魅力です。
 
インデアンルーは地元の人たちにも大人気の様子。自分がお店にいる間も、何人ものお客さんがインデアンルーだけテイクアウトで注文に来ていました。
 
「カレーショップ インデアン」は計12店舗(帯広周辺10店舗、釧路2店舗)あり、ファストフード店感覚で気軽に入れるお店です。帯広駅・釧路駅から歩いて行ける距離にもお店があるので、道東への鉄道旅行の途中で立ち寄ってみるのも良いかもしれません。
 

各種大会、イベント、会合等には鍋ごとお届。カレーショップインデアン | 一番おいしいのは妻と母の料理だから帯広で2番目においしい店

 
ところで今回、札幌駅からの往復は下り・上りともに「スーパーおおぞら」でした。本当は先日デビューしたばかりの新塗装キハ261系スーパーとかち」を見てみたかったのですが、結局今日は見られませんでした。

f:id:uedashin:20151230014141j:plain

スーパーおおぞら」「スーパーとかち」が走る石勝線根室本線は車窓の雪景色も良いです。トマム新得間で、列車待ち合わせなどで停車している最中に写真を撮ってみました。写真としてはダメダメなんですが、なんてことはない外の景色が風情のあるものに見えてしまうから不思議です。

f:id:uedashin:20151230014142j:plain

f:id:uedashin:20151230014143j:plain

f:id:uedashin:20151230014144j:plain

f:id:uedashin:20151230014145j:plain

f:id:uedashin:20151230014146j:plain

帯広を訪ねた後、池田駅にも行ってきました。ライトアップされたワイン城と列車の写真を撮りたかったのですが、ワイン城は真っ暗。年末年始は営業していないそうです。そもそもワイン城のライトアップって、いまもやっているのでしょうか?

f:id:uedashin:20151230014147j:plain

こんな感じで、丸1日楽しんだ道東遠征でしたが、じつは心残りも。帯広の名物メニューのひとつ、豚丼を食べられませんでした。今度行ったときは豚丼も食べたいし、インデアンのカレーもまた食べたいし…悩ましいです。