読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューイヤーズデイ、ビューティフルデイ

明けましておめでとうございます。2017年も気まぐれな更新になるかと思いますが、当ブログをよろしくお願い申し上げます。
 
大晦日にもブログで書いた通り、年末年始の休みを利用して旅行していました。行先は四国で、元日の朝に快速「マリンライナー」で岡山へ移動しました。その途中、なんとなく音楽が聴きたくなってiPodを取り出し、さて年明け1曲目に何を聴こうかな…と考え、選んだのはU2「NEW YEAR'S DAY」。理由はもちろん1月1日だから。
War

War

 
U2も聴くようになって十数年。こんな感じで、年明け1曲目に「NEW YEAR'S DAY」を選んだ年も1度や2度ではなかったはず。そしてこの曲を聴くたび、過去に「NEW YEAR'S DAY」を「元日」と訳した日本語詞があったことを思い出し、「それはさすがに違うだろー」となってしまいます。
 
「新年の日」という訳も、個人的にちょっと違和感あるのですが、直訳だし他にしっくりくる日本語訳があるわけでもないので、やっぱり「新年の日」が一番適切な訳なんだろうな…と。こんなたわいもないことを考えながら、年明け1曲目の「NEW YEAR'S DAY」を聴いたことも1度や2度ではなかったと思います。

f:id:uedashin:20170101215445j:plain

元日朝の瀬戸大橋周辺は雲ひとつない良い天気で、車窓に見える瀬戸大橋と瀬戸内海に浮かぶ島々の景色も美しかったです。
 
ということで、年明け2曲目もU2つながりで「Beautiful Day」を聴きました。原点回帰といわれたこの曲もリリースから早17年…。最近は1年経つのも本当に早いです。
All That You Can't Leave Behind

All That You Can't Leave Behind