読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライジング(RSR 2016)の感想とか

2001年に初めて参加し、2007年から毎年通い続け、ついに10年連続11回目の参加となった今年のライジング(RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO)。毎年そうであるように、今年もあっという間の2日半でした。今朝、BRAHMANが壮絶なパフォーマンスを繰り広げた後で、きれいな朝日を見ることができました。

f:id:uedashin:20160814182616j:plain

【1日目に見たおもなアーティスト】
 
【2日目に見たおもなアーティスト】
 
初日、バンドを従えた八代亜紀が「雨の慕情」を歌い、観客みんなで「♪雨雨ふれふれ」の大合唱(手振り付き)になったときは「本当に雨が降ったりしないだろうな…」と心配になったりもしましたが、結局は期間を通じてずっと快晴でした。まあ晴れたら晴れたで、日中は暑いし日差しも強いし、ライブ中に砂煙が舞い上がるし、夜は長袖を着込んでも寒いし(2日目の夜は風も強かった)、いろいろ大変なのですが。
 
NGORO NGORO
Wait for the Sun
Good Luck
I'LL BE BACK
Stay
BEN
 
AIMS
 
↑こちらは初日のレインボーシャングリラでトリを務めたスペアザのセットリスト。いつもより楽器少なめで、ベース又吉君は普段アップライトを使う「NGORO NGORO」「BEN」「AIMS」もエレキで弾いていました。この日はANAの荷物トラブルがあり、その影響もあってスペアザの皆さんも札幌到着が遅れたらしいのですが、この日のライブのMCではあえて(?)ANAを大絶賛していました。
 
八代亜紀の「雨の慕情」「舟唄」、布袋寅泰の「スリル」「POISON」「バンビーナ」やBOOWY時代の曲「NO. NEW YORK」「Dreamin'」では、曲が始まると同時にどよめきのような歓声が起きていました。今回が6年ぶりの復活ライブだったという大黒摩季は「熱くなれ」「DA・KA・RA」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などなど、書ききれないくらいヒット曲満載のセットリスト。気がつけばレッドスターのステージのはるか後方まで人で埋め尽くされていました。
 
時間が被らなければ、他にもBABYMETALとか、松山千春とか、ゲスの極み乙女。とか、見てみたいアーティストは多かったんですけどね。
 
今年の大トリを務めたBRAHMANは、とにかく演者とオーディエンス(おもにステージ手前のお客さんたち)の熱の入りようがすごい。TOSHI-LOWが観客の中に飛び込んでいっても全然負ける気がしない。それだけに、あの「おはようございます」に笑みがこぼれてしまったし、その後に続いた言葉も沁み入るものがありました。

f:id:uedashin:20160814182809j:plain

最近、インスタグラムも始めたので、ライジングの期間中も写真付きで投稿していました。昨年に続き、各ステージ付近に無料Wi-Fiスポット・充電スポットが設置されていたので、スマホの充電切れの心配もだいぶ軽減され、通信環境も快適になったんじゃないかと思います。2日間とも歩き疲れて足が痛くて、「もう1歩も歩きたくない!」と思うくらい疲労困憊だったけど、毎年経験していることだし、それも良い思い出。来年以降も、可能な限りライジングに参加し続けたいと思っています。